土曜日, 6月 15
Shadow

看護師の悩みの傾向と対策

どの仕事に就いても悩みというのは発生するものですが、看護師として働いている人が抱える悩みは、どのようなものが多いのでしょうか。
看護師が抱える悩みと、その対策について知っておきましょう。

看護師は、人間関係で悩む傾向があります。同じ看護師同士や、上司との人間関係で悩みを抱える人が多いです。
看護師の職場は女性が多いため、注意しないとトラブルに発展することがあります。
職場で人間関係が悪化すると、仕事に支障が出てくる場合があるので注意しましょう。
看護師が悩む人間関係のトラブルで多いのは、ミスを患者の前で大きな声で注意されたり、自分にだけ指示を伝えてもらえない、そしてなぜか挨拶もしてくれないといったことがあります。
同じ職場で働くのですから、好かれる方が良いのですが、仕事に感情を持ち込まない方が良いこともあります。
職場の全員と無理に仲良くする必要はありません。
最低限の挨拶をして、仕事の報告、連絡だけはするように割り切ることも大切です。
相談する場合は、対象者より立場が上の人にすることです。
同期や同僚だけに相談しても解決しないことがほとんどだからです。
上司との関係が芳しくない場合は、その上司のさらに上の管理職に相談してみるのも良いでしょう。
それでも解決しない場合は、異動を申し出るか転職を考えることも必要です。

他には医療事故に対する不安を抱える人も多いです。
看護師は命を預かる仕事ですから不安になるのは当然です。
不安な気持ちは先輩や同僚に聞いてもらって共有すると落ち着きます。
そして、事故やミスは誰にでも起こる可能性があるのだと理解すると、プレッシャーを感じることもなくなるでしょう。