土曜日, 6月 15
Shadow

整った環境で働くには

看護師の配置基準は、それぞれの医療機関の病棟の患者数や症状の重さなどによって違いがあります。
看護師として医療環境がしっかりとしているところで働きたい場合、しっかりと各現場の人員配置を確認することが大切です。
特に、症状の重い患者の数が多い入院病棟で働く場合には、スタッフの人数によって、夜勤や早番などの不規則な時間帯の勤務の回数が多くなったり、日々の仕事の負担が重くなったりすることがあるため、十分な注意が必要です。
また、多くの求職者から人気のある医療機関では、就職説明会の際に院内の看護師の配置基準を分かりやすく紹介していることが多いです。
そのため、就職活動中に無理なく仕事に取り組める人員配置の職場を優先的に探してみると良いでしょう。

看護師の業務の負担軽減を目指している医療機関の中には、夜勤専門のパートの看護師を採用したり、新人や中途採用者の研修を強化したりしているところも多くあります。
そうした中、働きがいのある医療機関を見極めるため、気になる病院やクリニックの見学をしたり、それぞれの病棟や外来の看護部長などの責任者から直に話を聞いたりすることが大切です。

なお、看護師の配置基準を満たしている職場であっても、経験が浅いスタッフが多い場合には、円滑に業務を進めることが難しくなるケースもあります。
そのため、就活中に様々な職場のスタッフの働きぶりについて比較をしてみることが大事です。