月曜日, 3月 4
Shadow

人材不足の職場で長く働くには

看護師の仕事は、他の医療従事者と比べて基本給や手当などが高めに設定されているものの、精神的にも体力的にも大変な業務が多いことから、慢性的に人材不足になっている職場が多くあります。
そうした状況の中、看護師として医療業界で活躍したい場合、限られたスタッフの協力体制がしっかりとしているところや、専門的な仕事を任せてもらえる職場に就職をすることが大事です。
また、夜勤が多い総合病院や老人ホームなどを就職先に選ぶにあたっては、なるべく体の負担が重くならないようにするため、適度に休暇を取りやすいところを探すことがポイントです。

看護師の人材不足の問題を抱えている医療機関や福祉施設の中には、従業員の待遇を改善したり、様々な働き方を選べるようにしたりして、ポテンシャルの高い人材を採用しようとするところも少なくありません。
また、看護師の経験を積んだ後に保健師や助産師などにキャリアチェンジができる病院やクリニックの数も増えており、様々な考えを持つ人が働きやすい環境が整いつつあります。

もし一年を通じて人材不足の状況にある職場で働き続けたい場合、実際に医療や介護の現場で長く働いている人に助言をもらったり、ナースセンターなどの公的な機関に足を運んだりするのも良いでしょう。
その他、日ごろから職場内で活発な意見交換をし、それぞれの役割分担をハッキリと決めて自分の得意な仕事に取り組めるようにすることも大切です。