看護師として安心して働くには

慢性的な人材不足や経営陣の意識の低さなどの影響により、看護師の配置基準を満たしていない病院やクリニックは全国にあります。
特に、多くの患者が入院する病棟においては、看護師の人数が少ないことで患者の誤薬や転倒、怪我などの様々なトラブルの原因となることが指摘されています。
そうした状況の中、看護師として医療機関で安心して働くには、就職活動を通じて様々な病院やクリニックの見学をし、国が定める看護師の配置基準をクリアしているところを見つけることが何よりも大切です。
また、人員配置に余裕がある医療機関で働いている先輩や友達などから話を聞き、働きやすい職場の特徴を調べてみることも大事です。

医療機関内の看護師の配置基準については、各地の病院やクリニックのホームページや求職者向けの資料などに詳細に記載されていることもあります。
そのため、効率よく職場環境の良い医療機関を選びたいなら、積極的に各地で実績のある医療機関の現場内の様子を把握すると良いでしょう。
なお、看護師の働き方は常勤の他非常勤やパートなどもあるため、同じ職場で長く経験を積みたい場合、各医療機関で働くスタッフの詳しい雇用形態についても確認することが大切です。

その他、看護師をはじめとする医療スタッフの働きやすさは、配置基準だけでなく診療方針や教育体制などによっても大きく左右されます。
そのため、時間を掛けて自分に合う職場を見つけることがポイントです。